末吉、徒然に思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月25日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

毎日、毎日

本当に暑いですねw

限度ってものがないんですかね、夏には。

誰に言うわけでもなく、つぶやいたりしてます。

この暑さ、いつまで続くのかな?

早くも秋が恋しい末吉。

 

寒い時期には、

早く暖かくならないかな?といい、

梅雨のころは

早く夏にならないかな?といい、

夏になると

秋が待ち遠しくなる・・・

 

いかんいかん、

都合のいいことばかり言っていては

御祭神に申し訳ないので

本日も張り切ってご奉仕いたします!

末吉、徒然に思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月24日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

本日の末吉、

朝からずっと遺品の整理をしておりますので

本日は居留守に致します。

 

多くの皆様方から

遺品のご奉納を戴き

只々感謝申し上げる次第です。

 

ご奉納戴きました

遺品、一点一点に

様々な思いが込められていますので

是非多くの方々に見て頂けるよう、

そしてその遺品を通して御祭神に想いを馳せて戴けるよう

そんな施設にできればと思います。

 

完成まで少しお時間戴きますが

今しばらくお待ちください。

末吉、徒然に思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月23日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

今日は大暑。

×おおあつ

○たいしょ

(毎年言ってるなあw)

 

大暑=太陽が黄経百二十度に達した時。暑気が最もきびしい。夏の土用もこの気節に入る。(靖國暦)

 

 

連日、猛暑が続いていますが

皆さん、しっかり水分補給してますか?

当社は、

受付、待合所は冷暖房完備ですが、

御本殿は何もございませんので

暑さ対策をしてご来社下さい。

 

今日も

多くの皆様方のご参拝をお待ち致しております。

末吉、熱中症に思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月22日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

小学生、中学生、高校生が

待ちに待ってたもの、

それは・・・

夏休み~~~~~~!!!!

 

昨日から約40日間の夏休みが始まりましたね。

お休み大好きの末吉、

浮かれるのは十分わかりますが、

気持ちが緩みがちな時期にもなりますので

呉々も

事件、事故等にはきをつけましょう!

 

さて

本日も暑い一日ですね。

皆さんは水分補給ちゃんとしてますか?

 

暑い時期ですから

熱中症にはくれぐれも気を付けましょう!

 

って、熱中症とよく言いますが、

そもそも熱中症とは、

『暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称である。本質的には、脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全、表面的な症状として主なものは、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがある。また、熱中症が原因で死亡する事もある。特にIII度の熱中症においては致死率は30%に至るという統計もあり、発症した場合は程度によらず適切な措置を取る必要があるとされている。また死亡しなかったとしても、特に重症例では脳機能障害や腎臓障害の後遺症を残す場合がある。屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こり得る。湿球黒球温度21 – 25°Cあたりから要注意になるといわれている。国立衛生研究所の資料によると、25°Cあたりから患者が発生し(段階的に増え)、31°Cを超えると急増する。』(ウィキペディア抜粋)

だそうです。

 

つまり

熱中症とは、脱水症状による体温上昇に影響を受け

臓器などが正常でなくなるということですね。

屋内外問わずその症状はみられますので、

室内だから大丈夫と高をくくってはいけません。

 

熱中症と親の意見は後から効いてきますから、

適度な水分補給、

適度な休息、

しっかり体調管理をしましょう!

 

 

末吉、徒然に思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月20日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

愛媛県梅雨明けです!

 

 

と、思っている矢先に

夕立w

 

う~む・・・なかなかお天気がよめないなあw

 

さて

当社の今は、

来月十三日から始まる万灯みたままつり

十五日に執り行われる終戦記念日祭

その準備で慌ただしくしています。

 

これから夏本番。

皆さんも体調を崩さないよう

しっかり水分補給をして

暑い夏を乗り切りましょう!

末吉、徒然に思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月18日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

このまま梅雨明けになると

お盆頃に松山界隈は深刻な水不足になるんじゃないかと

心配していましたが、

今朝から雨の松山。

雷も鳴っていい雨が降ってましたが、

先ほど外に出てみると

既に雨はあがっていました。

1

少しの時間でも雨があることは有難いこと。

恵みの雨とはまさにこのことだなと思いつつ

巡視をして戻ってまいりました。

 

さて

昨晩のこと。

所用で夜に出かけることがありました。

車で走っていると

『ド~ン!ド~ン!』

断続的に大きな音が聞こえてくるではなりませんか。

『こんな時間になんじゃらほい?』

そう思いながら車を走らせて気がつきました∑( ̄□ ̄)ハッ!!

 

そうなんです、夏の風物詩、花火!!!

 

花火大好き末吉、

近場なら見に行こうと思いながら探したのですが

結局わからずじまいでした。

 

これから夏本番。

花火、楽しみだな~(⌒▽⌒)

 

暑い日がつづいてますので、

呉々も体調を崩されないよう

みなさん、気を付けましょうね。

末吉、徒然に思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月17日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

今日は海の日。

『明治天皇が明治九年、北海道・東北御巡幸から横浜港へ帰着された日(七月二十日)を記念し、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」日。平成七年制定。平成十五年より第三月曜日。』(靖國暦)

 

夏の暑さも相まって

ご奉仕の後、

海に飛び込みたいと思う末吉。

流石に日中の暑さは度を越えてます。

 

先日、友人と話していたのですが、

『気温三十五度を超えると、外出禁止!という法律が出来たらいいのに。』

一利ありますね。

 

ともかく

皆さんも水分補給を忘れず

体調を崩さないよう気を付けましょうね。

末吉、第811回献謡祭に思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月16日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉ですヾ(@^▽^@)ノ

 

連休中日、

みなさんは如何お過ごしですか?

今日も暑い一日ですので

しっかり水分補給をして

熱中症対策をしましょう!

 

さて

本日は第三日曜日。

第八一一回献謡祭が執り行われました。

1暑い中でのご奉仕でしたが

御祭神にもしっかりお聞き戴きました。

皆様、ご奉仕有難う御座いました。

末吉、お話を聞いて思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月15日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

昨日のこと。

以前にある慰霊祭でご参列されたご遺族様から、

『紫電改』の引揚げ時の写真を奉納したいとお申出があり、

昨日、お写真をご奉納戴きました。

 

写真の紫電改は、

当時の引揚げの一コマを撮影したものでした。

『このとき小学校三年生くらいだったんですが、墜落したところを目撃した同級生がいましてね。『日の丸のついた戦闘機が海に落ちた!』と言ったら、軍人さんに「本当に日の丸がついていたのか?」「どこにその証拠がある?」「敵機じゃなかったのか?」などなど、とにかくえいらこと怒鳴られて、それを見て地域の人たちも何も言えなかったんです。それから戦後になって発見され引揚げられたんですけどね。昭和二十年七月二十四日の未帰還機が六機、そのうちの一機ということまではわかったんです。でもそれ以上はわからず、その六名全員を慰霊しようということになって、引揚げのときにその六名のご遺族の方々もお越しになられたのを記憶しています。ほら、ここの船に写ってる方々です。』

そんな生々しいお話をお伺い致しました。

そしてせっかくならばと当社にご奉納いただきました。

 

末吉『本日は七月十四日。昭和五十四年ですから三十八年前の今日、引揚げられたんですよね。』

ご遺族様『えっ?そんなことちっとも思いませんでした。ただ、どうしても今日奉納しにいかなければと、ふと思って来たんです』

以前にも同じようなことがありましたが、

本当に単なる偶然でしょうか?

 

そんなお話をお聞きし、

なんだか急に

もう一度じっくり紫電改を見たくなった末吉でした。

末吉、起源に思う
カテゴリー: 護國日誌
2017年7月14日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

今日も暑い一日になりそうですね。

みなさんは

ちゃんと水分補給してますか?

 

夏といえばTUBE!

いい歌がたくさんありますよね。

 (o・_・o)ン?

年代がばれちゃう?

いえいえ、

夏は昔からTUBEと相場が決まってます。

 

ではなくて、

夏→TUBE→あ~夏休み(曲名)→海→スイカ割り

 

そう!

夏と言えばスイカ割り!!!

(ムリヤリ感満載ですがw)

 

と、それはさておき、

スイカ割りの起源をご存知ですか?

NAVERまとめによると、

『豊臣秀吉が安土城建築の時に場を盛り上げるために始めた』

とか、

『京都の地主(じしゅ)神社にある「恋占いの石」に、10メートル離れたところから目隠ししてたどり着くと恋が実る』

などと書いてありますが、

石川青果店によると、

『起源は中国における戦の前の儀式のようです。戦の前に罪人を砂に埋め、頭だけを出した状態でその頭を叩いて割るというのが通例だったとか。相手側にこちらの残虐さを見せつけることで、戦意を喪失させることが目的だったようです。ただ、あまりに残虐だったとして、諸葛孔明がスイカに置き換えたのが、スイカ割りの起源だと言われているようです。その後、日本では海の神様へのお祈りとして伝承されました。』

 

ある意味、少し涼しくなるお話ですw

 

古来中国では、

両手、両足を切り落とし、

大きな甕に入れ、

生きたままにするという拷問があったとか、

南京城が責められたとき、

手足を鎖で縛られた住民を盾にして、

その後ろで兵隊が戦ったとか、

いろいろ話がありますよねw

 

う~む・・・中国ならそういうこともあるかもしれません。

« 前ページへ