第939回献茶祭
カテゴリー: 護國日誌
2019年11月3日 日曜日 コメントはまだありません »

令和元年十一月三日斎行

奉仕 淡交会西条支部

奉茶 山本宗薫氏

奉炭 山本宗祐氏

 

1 2 3 4 5 6

第938回献茶祭
カテゴリー: 護國日誌
2019年10月6日 日曜日 コメントはまだありません »

令和元年十月六日斎行

奉仕 淡交会大洲支部

奉茶 山本宗浜氏

奉炭 安川宗智氏

 

1 2 3 4 5 6

末吉、和プロジェクトに思う
カテゴリー: 護國日誌
2019年9月26日 木曜日 コメントはまだありません »

こんにちは。

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)です(⌒▽⌒)

 

末吉として更新するのは

久しぶりですが、

みなさん、お変わりありませんか?

 

去る九月二十一日午後三時から

和プロジェクトTAISHI奉納揮毫が執り行われました。

今回で第三回目

(第一回→末吉、奉納揮毫に思う) 

(第二回→末吉、世界平和の日に思う) 

改元され初の世界平和の日ということもあり

本年は、

松山北高等学校書道部有志も参加、

多くの方々にもご参集戴きました。

先ずは正式参拝

1

続いて

松山北高校書道部が

『世界平和』の揮毫

23

4続いて

千春氏の奉奏の中

書道家 林龍峯先生の奉納揮毫

『天壌無窮』(天地が永遠に続くこと)

5

6最後にご奉仕戴いた皆様方、

ご参集戴いた皆様方とともに

へいわ(輪)の記念写真

 

7大東亜戦争終結までには

多くの方々の命が失われました

それを知っているからこそ

次世代、後世に

同じことがあってはなりません

一日でも早い

世界平和が訪れることを願ってやみません

 

御奉納戴いた

林先生、

松山北高等学校書道部の皆様方

この場にて感謝申し上げます。

有難うございましたm(_ _)m

第937回献茶祭
カテゴリー: 護國日誌
2019年9月1日 日曜日 コメントはまだありません »

令和元年九月一日午前九時斎行

奉仕 淡交会松山支部

奉茶 古市宗文氏

奉炭 徳居ひとみ氏

1 2 3 4 5 6

第936回献茶祭
カテゴリー: 護國日誌
2019年8月4日 日曜日 コメントはまだありません »

令和元年八月四日午前九時斎行

奉仕 淡交会八幡浜支部

奉茶 玉井宗澄氏

奉炭 片山宗睦氏

1 2 3 4 5

第935回献茶祭
カテゴリー: 護國日誌
2019年7月7日 日曜日 コメントはまだありません »

令和元年七月七日午前九時斎行

奉仕 淡交会三島支部

奉茶 鈴木宗真氏

奉炭 淺野宗智氏

1 2 3 4 5

春季慰霊大祭
カテゴリー: 護國日誌
2019年4月10日 水曜日 コメントはまだありません »

愛媛県御出身

四万九千七百二十八柱英霊の

安鎮を希う

春季慰霊大祭宵宮祭
カテゴリー: 護國日誌
2019年4月9日 火曜日 コメントはまだありません »

愛媛縣護國神社春季慰霊大祭宵宮祭

平成三十一年四月九日午後六時

日本のため

大切な家族のため

一命を捧げられた

愛媛県御出身

四万九千七百二十八柱の御霊に

奉慰顕彰の誠を捧げるお祭りです

 

末吉、新元号に思う
カテゴリー: 護國日誌
2019年4月2日 火曜日 コメントはまだありません »

こんにちは

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

 

午前十一時四十一分

新元号が発表されましたね。

『令和』(れいわ)

「令和」の出典は『万葉集』巻五の「梅花謌卅二首并序(梅花の歌 三十二首、并せて序)」にある一文。

『于時、初春月、氣淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。』

『時ときに、初春しよしゆんれいげつにして、かぜやはらぎ、うめ鏡前きやうぜんひらき、らん珮後はいごかうかをらす』

(ウィキペディアから抜粋)

 

さすが、ウィキペディア!

仕事が早いですねえ。

 

新元号発表の後、

早速御神前に御奉告致しました。

 

五月一日から元号が改められますが、

令和の大御代が

平成以上に笑顔で過ごす事が出来る事を

ただただ願ってやみません。

末吉、春に思う
カテゴリー: 護國日誌
2019年3月24日 日曜日 コメントはまだありません »

こんにちは

人生楽笑(じんせいらくしょう)

末吉(すえきち)ですヾ(@^▽^@)ノ

1

全国各地で桜の開花が報道されるようになり、

すっかり春めいてきましたね。

境内では

陽光桜が満開ですよ!

 

当社では

来月十日に執り行われる

春季慰霊大祭の準備が進んでおります。

 

多くの皆様方とともに

奉慰顕彰の誠を捧げることが出来ますことを

願うばかりです。

 

 

« 前ページへ